CONSTRUCTION CASE

福島県相馬市 応急仮設住宅

仮設住宅 相馬市 大野台

仮設住宅 相馬市 大野台

仮設住宅 相馬市 大野台

 

プレハブ協会に復興の手伝いを打診。設計計画と宿舎や燃料の確保を行い、発災から1ヶ月後の4月18日から乗り込み。4週間後の5月23日に引き渡し。

着工数は69戸。

当時は、松川浦にある亀屋さんという旅館に工事スタッフが泊まり込み現場に通っていました。

現場に向かう道すがら、船が道路に乗り上げていたり、相馬ふ頭は見る影もなくなっていました。

辺りに吹く、砂交じりの埃っぽい風がとても印象的でした。

カテゴリープレハブ建築
用途・種別公共仮設住宅
階数1階建
延べ床面積2251.36㎡
所在地福島県相馬市大野台
竣工年2011